Dockerの開発環境構築その1-DockerComposeの解説

この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。

はじめに

はじめまして、私は都内でシステムエンジニアとして働いており、主に Ruby, JavaScript を用いた Web アプリケーションの開発を行っています。
私の職場では 1~2 年くらい前からだんだんと Docker を使う機会が増え、最近ではほぼ全てのプロジェクトで Docker を使用して開発を行うようになりました。
それほどまでに Docker という技術は便利なものとなっており、今後も長い間使われると思っています。
そんなわけで今回から2回に渡って DockerCompose, Dockerfile の説明と Docker での Rails の開発環境構築について説明します。
今回の記事では Docker とは一体どういうものなのかと DockerCompose.yml の各種書式についての説明を行います。

続きを読む

初心者向け|RailsのWebアプリ開発でよく使うgem一覧

この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。

はじめに

Rails での Web アプリケーション開発において欠かすことのできない gem について、必須級なものからマイナーなものまでよく使う順で一挙ご紹介します。

続きを読む

企業を超えたアジャイル+Railsを利用した開発の成功事例

この記事は、2021/7/21 に行われた WESEEK Tech Conference の内容です。

今回の WESEEK Tech Conference は、WESEEK が開発案件を担当させていただいている、インターネットマルチフィード株式会社(以下「MF社」と表記) 杉本氏を迎えて WESEEK 武井、今間の 3 人の対談形式で行いました。

社内に開発部隊が存在しなかった MF 社に存在していた課題から、WESEEK がジョインし開発部隊を作り、アジャイルと Rails を利用し、どのように課題を解決していったのかをご紹介します。

続きを読む

VercelでNext.jsを簡単デプロイ


この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。 続きを読む

CSSをJavaScript に記載する-Next.jsでCSS-in-JS を使う方法

この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。

前回までのおさらい

煩わしい設定は一切なし!Next.jsでCSS を使う方法では Next.js のセットアップと Build-in でサポートされている CSS の方法を紹介しました。

Next.js はセットアップすると煩わしい設定をすることなく CSS を書けます。
また、スコープを狭めた CSS Modules の記載方法もご説明しました。

今回の記事では前回の記事で実現する環境と同じ状況で CSS-in-JS の説明をします。

続きを読む

ReactHooks|今日から使えるuseEffect

この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。

はじめに

はじめまして、システムエンジニアの渡嘉敷です。株式会社 WESEEKでインターンを経て新卒で入社、普段の業務では OSSである GROWI の開発を行っています。どうぞよろしくお願いいたします。

記念すべき初稿は、React Hooksの中でも主要で使用頻度の高い useEffectについてまとめてみました!

続きを読む

Rails6でBlocked hostエラーが発生した時の対処法

この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。

関連記事

開発でのロックの重要性とORMのロック実現例〜楽観的ロックの利用例|フレームワーク O/R マッパー

開発でのロックの重要性とORMでのロックの実現例 |楽観的ロックの紹介

Ralisへ機能フラグ(Feature Flag)を追加し各フラグを制御する

続きを読む

煩わしい設定は一切なし!Next.jsでCSS を使う方法

この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。
WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。

はじめに

今、フロントエンド界隈では、Next.js が流行っています。
その原因の一つに圧倒的な開発体験の良さがあります。
Next.js では開発環境を整えるための設定は全く必要ありません。

今回の記事では、そんな開発体験の良さを感じてもらうべく、Next.js で CSS を使う方法を説明したいと思います。

Next.js のバージョンを v11.0.1 で説明していきます。

続きを読む

実践Node.jsパフォーマンスアップ|Stream編

この記事は、2021/7/8 に行われた WESEEK Tech Conference の内容です。

パフォーマンスって何だろう

パフォーマンスについて調べると次のような意味が出てきます。

パフォーマンスは、プロセス、システム、プロセッサー、ネットワーク、またはデバイスが、
特定の作業単位の負荷に対してどのように働くかを意味します。

出典: IBM 「パフォーマンスを特徴付ける条件」 から引用 https://www.ibm.com/docs/ja/zos/2.2.0?topic=tuning-how-is-performance-characterized

難しい定義を意識しなくとも、日常生活では直感的に感じているはずです。
例えば、Webサイトである操作を行なった時にその結果が反映されるまで時間がかかることや、動作が重くなってサイト自体が落ちることなど。

ユーザーの視点で見るとかなり表面的な部分が評価されます。

ユーザーは厳しいです。
少しでも使いづらいと感じると直ちに離脱の要因になってしまいます。

このスライドでは、ユーザーの離脱を防ぐために処理速度やメモリ消費を改善する方法について考えていきます。

ある問題へのパフォーマンスチューニングを依頼されたと仮定して
問題の認識、原因調査、戦略立案、実践・評価
を行い一緒に考えていきましょう 🤝

続きを読む

SaaS運用での大障害の思い出と対策の共有(大噴火編)

この記事は、2021/6/24 に行われた WESEEK Tech Conference の内容です。

弊社が開発するSaaS型社内wiki・ナレッジベースサービス GROWI.cloud で、過去に発生した障害をピックアップしてご紹介します。

思い出すのもツラいところがありますが、発生した障害の中でも比較的大きいものを紹介しておりますので、
当時感じたツラさを感じてください。(^^;

前回よりも障害の規模は大きめです。

記事内容と見どころ

障害に関連するシステム情報をはじめ、原因と対策は技術・運営の観点を紹介してますので、次の点が役に立つかもしれません。

  • システム可用性の向上に対するヒント
  • 同じプロダクトへの対策
  • 似た構成への対策の参考
  • 障害時の運営方針決定の参考

目次

続きを読む