電子工作

3Dプリンタで1から作るコミュニケーションカメラ(1)

はじめに

こんにちは。普段の業務では Ruby を書いている takayuki です。今回は、久しぶりに電子工作・ IoT ネタです。

昨年、リモートワーク下でもコミュニケーションを円滑にとれるようにすることを目的に、趣味の電子工作を活かして多機能カメラ「 neibo 」を製作しました。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

neibo を作ってみて、課題がいくつか見つかりました。それらの課題を解決すべく、 neibo 改良機を作ることにしました。
これから複数回にわたって neibo 改良機の製作記録について書いていきたいと思います。今回の記事では、 neibo 製作の経緯、改良機の設計と製造の一部について説明します。

neibo は、以前は neighbo という名前でしたが、書きづらかったので変更しました。 neibo のほうが親しみやすさもありますし。

続きを読む

Raspberry Piでコミュニケーションシンクロ率を上げる

この記事は、 2021/4/8 に行われた WESEEK Tech Conference の内容です。

Raspberry Pi や Arduino を使ってデバイスを作成し、社内環境の改善をするお話をしました。今回のお話は、ハードウェアについてが多めです。時間の都合でソフトウェアの話まで広げられなかったので、それはまた後日記載したいと思います。

関連記事

Raspberry Piで温度・湿度・気圧センサーと天気予報APIでペット環境を見守る

目次

続きを読む